スポーツ・格闘技

【マブス】スロベニア代表のルカ・ドンチッチ選手はスラムダンクの牧?仙道?特徴やプレースタイルは?

いよいよ開幕する東京オリンピック!いろんな競技が楽しみですが、今回はバスケ男子代表で予選グループの第2戦で対戦するスロベニア。

そのスロベニアを初のオリンピック出場へ導いたルカ・ドンチッチ選手を調べてみました!

ルカ・ドンチッチ選手のプロフィール

生年月日  1999年2月28日  
身長・体重  201cm・104kg  
ポジション・背番号G・SF・77
 所属 ダラス・マーベリックス(NBA)

ルカ・ドンチッチ選手は現在22歳(2021年7月現在)

スロベニアやユーロのバスケットボールリーグでプレイし、コーチである父の影響で幼い時からバスケットボールに触れていたそうです。

それからいろんなスポーツをしていたそうですが、7歳からバスケットボールを年上の子供たちに混ざってプレイ。

10代前半でバスケットボールが上手いということで有名な少年になります。

その後、ユース時代に出場する大会で何度もMVPに選ばれ、ユーロリーグで2015年4月30日の試合でプロデビュー。

16歳2ヶ月と2日でのプロデビューは史上3番目に若いデビューです。

2017ー18シーズンではチームを優勝へ導き、ユーロリーグで最年少のMVPに選ばれました。

引用:ウィキペディア

ルカ・ドンチッチ選手の特徴

ルカ・ドンチッチ選手は何度もMVPに選ばれるほどスゴい選手なのですが、その中でも特徴は代名詞とも言えるステップバックからの3Pシュートです!

ステップバックとはドライブで中に切り込むと見せかけて、ディフェンスを中に押し込み、そこから1ステップ後ろに下がりディフェンスとの間合いを空けてシュートを打つと動作です。

ブロックされる確率は下がりますが、ゴールから離れるため、シュートの難易度が高くなる。

それなのに、 ルカ・ドンチッチ選手はほんと簡単そうに決めるんです。

さらには「えっ!?こんな位置でシュート!?」

「えっ!あっさりと決めてるし!」

ルカ・ドンチッチ選手のような精度の高いアウトサイドシュートを打つプレーヤーだとディフェンスは大変です。

ルカ・ドンチッチ選手のプレースタイル

ルカ・ドンチッチ選手は基本はPG(ポイントガード)のポジションですが、1番 PG(ポイントガード)から4番PF(パワーフォワード)までこなせるオールラウンドプレーヤーです。

スラムダンクで例えると

海南大付属の牧紳一のような

陵南の仙道彰がPGのポジションについてるような

パワー・テクニック・ゲームコントロールを兼ね備え、得点・アシスト・リバウンドの成績がよく、とても万能な選手です。

そしてルカ・ドンチッチ選手のゲームメイク能力が高さのもポイントです。

ガードのポジションとしては大柄な選手でスピードはそこまで早くありませんが、ファールをもらうのが上手く体幹が強い

ルカ・ドンチッチ選手のNBAでの活躍

2018年 ルカ・ドンチッチ選手はNBAのドラフトにエントリー。

アトランタ・ホークスに全体3位でされたの後、トレードでダラス・マーベリックスに移籍

ルーキーシーズンですでにマブス(マーベリックス)のエースとして活躍、2019年NBAのルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)に輝きました。

2020、2021NBAオールスターゲームに連続で選出

2019年のNBAオールスターゲームでは惜しくも落選しましたが、2020・2021年と2年連続で選出されています。

NBAでも数々の記録を塗り替えています。

まとめ

いかがでしたか?東京オリンピックで日本代表が予選グループ第2戦の相手であるスロベニア代表のルカ・ドンチッチ選手(201センチ)

マッチアップが予想される千葉ジェッツの富樫勇樹選手(167センチ)はこの身長差をはねのけ、抑えることができるかどうかがカギを握ります。

最後までお読みくださりありがとうございました。

-スポーツ・格闘技
-, , , , ,

Copyright© ナンでもひとりゴト , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.